SPECTRASONICS Trilian

SPECTRASONICS Trilian
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ベース音源

22,100※1

発売時期:2012/6/30

対応OS:Windows , Macintosh ,

Windows:Windows Vista/7 32/64bit対応

Mac:Mac OS X 10.5~10.7 32/64bit対応

必要メモリ:4GB

ディスクの空き容量:35GB以上

アコースティック・エレクトリック・シンセなど全て最高級のベース音を提供するベース音源。Trilogyの後継機種。アコースティック/エレクトリックではハンマリング・オン/プリング・オフやハーモニクス/トリル演奏までを再現でき、弾くたびにサンプルが入れ替わる「ラウンド・ロビン」技術によって自然な同音連打を実現。
またアンプ/マイクとDIアウトをリアルタイムにミックスして音色を作れるなど本物のベースの表現力に限りなく近づいた音源です。

シンセベースでは333種類を用意、MinimoogやMS-20などの名機や、さらにTrilogyの音源も収録しています。

■エレクトリックベース:5弦のMusic Man™ Studio Bass、Fender Jazz Bass®、Epiphone™ Retro 60’s Bass、Hardcore Rock 5-string、Lakland™ Rock P-Bass、Chapman Stick®

■シンセベース:Yamaha® CS-80、Cwejman™ Modular、Moog Minimoog™、Little Phatty™、Voyager™、Taurus™ Pedals、Korg MS-20、Oberheim 2 voice、ARP 2600、Roland Juno 60/106、Waldorf Pulse™、DSI Mopho™ & Tetra™、Roland TB-303、SH-101、Metasonics KV-100 Assblaster、SE-1、Omega、ATC-1、Novation™ Bass Stationなど、333種類

(投票数3人, 平均値:5.00)
Loading...

「SPECTRASONICS Trilian」に関連するレビュー・コメント

SPECTRASONICS Trilian

  1. No.71632:SPECTRASONICS Trilian 2017年6月25日

    【使用感レビュー】

    即戦力になるベース音源が「カテゴリー」「ジャンル」「タイプ(奏法)」など分類されており簡単に検索できます。
    気に入った音源に☆マークをつけてレーティング可能なので、次から音源を探すのが便利になります。
    とにかく音源が豊富なので、プリセットから曲のイメージを広げるのもオススメ。

    ベース音源ソフトによってはスライドなどが別音源になっており、
    音源を切り替えて、打ち込まないといけない場合があります。
    Trilianには「LIVE MODE」という機能があり、スライド、ハーモニクス、スタッカートなどの
    ベース奏法がひとつの音源で鍵盤に割り当てられ、別の音源に切り替えずに作業ができます。
    ※基本的にエレキベース、アコースティックべースで使用可能。

    弾くたびに音のニュアンスが変わるラウンド・ロビン方式が使われています。
    DTM作業において強弱の調整や、人間味を出す弾き方は難しいのですが、
    機械的ではなく、実際弾いたようなリアルな音を鳴らしてくれます。
    またフレットレスベース音源にはあえて音程を不安定にさせる「HUMANIZE」設定や、
    「ライン音」「アンプ音」がそれぞれが収録されており、細かいニュアンス調整が可能。

    【良い点・悪い点】

    Trilianがあれば基本的には他のベース音源はいらないと言ってよいです。
    映画音楽で使えるレベルのシンセベースやエレキベースが幅広く揃っており、
    様々なジャンルの作曲をしたい方はTrilianを選べば間違いありません。
    逆にバンドサウンドをメインに作りたいのであれば、機能の面で「IK Multimedia MODO BASS」がオススメです。
    私はベースは弾けるので、シンセベースを揃えたいという理由で購入しました。
    もちろんエレキベースの音源も高音質で十分に使えるので、丁寧にカッチリ作りたい場合はTrilianを使い、
    粗さや勢いを出したいのであれば、自分で演奏するよう使い分けると良いと思います。

    大容量音源はメリットでもありますが、そのため読み込みに時間がかかる音源があります。
    私はミドルスペックのゲーミングパソコン(ノート)を使用していますが、
    容量の大きい「Trilian AC1 – Full Range All(2346.3MB)」で検証してみました。

    ・検証パソコンスペック)
    CPU:Corei5-4210M(2.60Ghz)
    GPU:Gefore GTX850M
    システム:64Bit
    実装メモリ 8GB

    通常時:約7秒
    Preview Load ON:約3秒
    Lite Version ON:約3秒

    ノートパソコンでDTMをする人も増えていますが、標準スペックだと時間がかかったり、
    他のプラグインでリソースを使っていると、DAW自体が落ちる可能性があります。
    TrilianにはPreview Loadという機能があり、ONにすると負荷が減り読み込みが劇的に速くなります。
    ただし若干音質が低下するので、ちゃんと確認したい場合は外すよう注意。
    またLite Version機能はラウンド・ロビンなどの音源数を減らし容量を減らすモードですが、
    使用できる音色が減るので、Preview Loadをメインで使用すればよいかと思います。

    【 最後に 】
    Trilianの音源だけで1曲作ってみました、ぜひ参考にしてください。

    Cwejman Screamers
    Hardcore Finger – Full Range
    Na Na Land 1
    Stepping up the Smoke
    TR-Memorymoog Sync Unison
    Wobbling Pavement
    ※ドラム音源「Addictive Drums(Black Velvet)」使用

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

SPECTRASONICS Trilianのレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • SPECTRASONICS Trilianについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • SPECTRASONICS Trilianの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「SPECTRASONICS Trilian」ページ上部へ