IK Multimedia Syntronik

IK Multimedia Syntronik
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


ソフトシンセサイザー

23,220※1

発売時期:2017年7月

対応OS:Windows , Macintosh ,

(この機材を評価してみましょう!)
Loading...

IK Multimedia Syntronik

Syntronik(シントロニック)は、名機と呼ばれるヴィンテージ・シンセサイザー/ストリング・マシン38機種を、高品位サンプルとIK Multimediaが誇るモデリング技術によって収録、4種類のアナログ・フィルターと38種類のエフェクトを駆使して音作りができるIK Multimedia渾身のシンセサイザー音源です。

本機は17種類のインストゥルメンツ/2,000種類以上のプリセット・サウンドを用意、いずれのサウンドも最良のコンディションの機材から高品位なサンプルを採取し、IKの独自技術DRIFTによってオシレーターの繊細かつ微妙なゆらぎまでを再現、独自技術のアナログ・フィルターによってオリジナルのヴィンテージ・シンセを操作しているかのような感覚で音作りを行うことができます。

音源には4パートのレイヤー、スプリット機能を装備。各パートにはアルペジエーター機能、5つの同時使用が可能なエフェクター・スロットが搭載され、これらを自由に組み合わせて複雑な音声合成/シーケンス・パターンの作成をこのソフトウェア1台で実現することができます。

音源

搭載される17個のインストゥルメンツ(38種類の音源)のネタ元を見てみましょう。

17個のインストゥルメンツ 17個のインストゥルメンツ

38種類の音源 38種類の音源

  • Minimod:Modular Moog, Minimoog Model D, Moog Voyager
  • OXa:Oberheim OB-X, OB-Xa
  • J-8:Roland Jupiter-8, Jupiter-6, Jupiter-4
  • Pro-V:Sequential Circuits Prophet-5, Prophet-10
  • V-80:Yamaha CS-80, GX-1, CS-01II
  • Harpy 260:ARP 2600
  • T-03:Roland TB-303 Bassline
  • Blau:PPG Wave 2.3
  • Bully:Moog Taurus I, II, 3
  • Galaxy:Alesis Andromeda
  • SAM:Oberheim SEM
  • String Box:ARP String Ensemble, Elka Rhapsody 490, Hohner String Performer, Roland RS-505 Paraphonic, Roland RS-09 Organ/Strings
  • Polymorph:Moog Polymoog, Opus 3, Rogue, Realistic Concertmate MG-1
  • 99:Yamaha SY99
  • DCO-X:Roland JX-10, JX-8P, JX-3P
  • Noir:Multimoog, Micromoog, Moog Prodigy
  • J-60:Roland Juno-60

サウンドサンプルは合計50GB以上と(2017年時点の製品としては)非常に大容量、Moog、Oberheim、Roland、Yamaha…古今東西のシンセサイザーの名機が一通り網羅されており、博物館さながらの様相を呈しています。これらの音源は独自のDRIFT技術によって、アナログ回路が故に発生する位相/音色/ピッチの微妙なゆらぎを再現、有機的で生々しいオシレーターを実現しています。
さらにIK Multimediaのベース音源「MODOBASS」のモデリング技術が採用されており、

  • Moogトランジスター・ラダー・フィルター
  • Jupiter-8やJuno-60に搭載されたRoland IR3109フィルター
  • Prophet-5やOberheim OB-Xaなどに搭載されたCurtis CEM3320フィルター
  • Oberheim SEMステート・ヴァリアブル・フィルター

など、独特な動作を行う4種類のフィルターがモデリングによって再現されている他に、デジタル・フィルターも装備されています。フィルターの組み合わせは自由で、アナログシンセの波形にデジタル・フィルターをかけることもできます。オシレーターとフィルターの組み合わせも自由なので、MoogのフィルターにOberheimのオシレーターをパッチングするといった実機では不可能だった動作も可能となっています。
このようにSyntronikでは「サンプル」と「モデリング」を複合的に使ったハイブリット音源となっています。

エフェクト

縦型モジュール・タイプのエフェクト 縦型モジュール・タイプのエフェクト

Syntronikでは、IK MultiMediaでお馴染み「T-RackSシリーズ」や「AmpliTubeシリーズ」譲りの高品位なエフェクト・モデル38種類が収録されています。インターフェイスは縦型モジュール・タイプのランチボックス・スタイルです。

  • モジュレーション:AM Modulation, Ensemble Chorus, Chorus C1, Electric Flanger, FM Modulation, Opto Tremolo, Phaser, Rotary Speaker, Small Phazer, Uni-V, AutoPan, Slicer
  • ダイナミクス / EQ:Black 76, White 2A, Model 670, Parametric EQ, Vintage EQ-1A, Channel Strip
  • フィルター:LFO Filter, Env Filter, Multi Filter, Wah 47
  • ディストーション:Distortion, Crusher, Overdrive, Overscream, Lo-Fi, Phonograph
  • アンプ・モデル:Flexi Amp, Modern Tube Lead, SVT Classic, Jazz Amp 120
  • リヴァーブ / ディレイ:Hall Reverb, Plate Reverb, Digital Delay, Spring Reverb, Tape Echo, Stereo Imager

音作り

4パートのレイヤー / スプリット 4パートのレイヤー / スプリット

Syntronikは4パートのマルチ音源として動作します。その際、各パート毎にベロシティ・レンジをスプリット設定することもできるので、右手と左手の鍵盤で異なる楽器を演奏するといったことも可能です。単音/和音に対応したアルペジエーター、そしてSampleTankの拡張音源としても利用可能です。

音源を選び、4つのレイヤーを使って音を重ね、フィルターを切り替え、エフェクトをインサートする。ドラムマシンは搭載されていませんが、Syntronikがあればシーケンス・パターンの作成からサウンド・デザインに至るまで1台で対応可能です。

バンドル品ながらコストパフォーマンスに優れている

Syntronik:インターフェイス

MODO BASSで評価された音源の魅力はそのままに、他社製シンセバンドルと比較してもSyntronikは手に入れやすい価格帯に設定されているのが大きな魅力です。また基本機能が変わらない無料版「Syntronik Free」も同時リリースされているので、まずは音源を試してみたいという人はこちらをダウンロードしてみるといいでしょう。

■対応フォーマット:64-bit Audio Units / VST 2 / VST 3 / AAX / スタンドアロン

「IK Multimedia Syntronik」に関連するレビュー・コメント

IK Multimedia Syntronikの最初のレビューを書き込んでみませんか?

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

IK Multimedia Syntronikのレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • IK Multimedia Syntronikについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • IK Multimedia Syntronikの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「IK Multimedia Syntronik」ページ上部へ