Steinberg UR22CSteinbergの人気オーディオインターフェイス「UR22mkII」の後継機種

Steinberg UR22C
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


オーディオインターフェイス

17,430※1

発売時期:2019年10月

対応OS:Windows , Macintosh , iOS ,

接続端子:USB ,

サンプリングレート:32bit/192kHz

入出力端子:2in/2out

Windows:Windows 7 SP1 / Windows 8.1 / Windows 10

Mac:OS 10.12 / OS 10.13 / OS 10.14

iOS:iOS 10, iOS 11, iOS 12

必要メモリ:2GB 以上

ディスクの空き容量:30GB 以上

UR22Cは、Steinbergの人気オーディオインターフェイス「UR22mkII」の後継機種となるUSB 3.0対応、2in/2outのオーディオインターフェイス。自宅用に最適なコンパクトなボディに、32bit/192kHzという驚異の解像度を実現、しかもこのクラスで2万円を切る価格帯を実現。驚くべきコストパフォーマンスを実現したモデルです。

接続端子ですが、USB端子が2.0→3.0に変更した以外は「UR22mkII」と全て同じ。フロントパネルにはD-PREマイクプリアンプを2基搭載したXLR端子が2つ(INPUT2はHI-Z対応)、それぞれの音量調節ツマミ、OUTPUT、PHONES、MIXなどのツマミを搭載。リアパネルにはOUTPUT、MIDI IN/OUT、ファンタム電源、DC IN及びUSB端子を装備しています。

UR22mkIIとの大きな違いはやはりビットレートです。24bitから32bitになったことでより微細なサウンドもしっかりと捉えることができ、ハイレゾレコーディングが可能です。
また本機では新たに「dspMixFxテクノロジー」を搭載し、DSPによるエフェクト処理がおこなえる他、レイテンシーフリーのモニタリングが可能。USB3.0対応になったことで転送速度や電源供給量がパワーアップ、専用のミキサーアプリ「dspMixFx UR-C」もデザインを一新し、ヘッドホン・アンプの出力も向上しています。

付属ソフトウェアはDAWソフト「Cubase AI」、iPad対応DAWアプリ「Cubasis LE」。
エフェクトは
Sweet Spot Morphing Channel Strip:コンプレッサー&3バンドパラメトリックEQ
REV-X reverb:アルゴリズムリバーブ
Guitar Amp Classics:4つのギターアンプシミュレーター
が付属し、本機があればすぐに音楽制作を開始することが可能に。

自宅での音楽制作、モバイルレコーディング、オーディオリスニング、そしてステージとあらゆる環境で新次元の音質を楽しむことができます。

■電源:USBバスパワー、5V DC
■寸法:159 × 159 × 47 mm
■重量:1000 g

(この機材を評価してみましょう!)
読み込み中...

UR22C:フロントパネル

UR22C:リアパネル

商品レビュー

Steinberg UR22Cの最初のレビューを書き込んでみませんか?

この商品を...

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • Steinberg UR22Cについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Steinberg UR22Cの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Steinberg UR22C」ページ上部へ