RME Babyface Pro FSRMEのベストセラー・オーディオインターフェイス「Babyface Pro」の後継機種

RME Babyface Pro FS
メーカー
カテゴリ オーディオインターフェイス
発売時期 2020年1月30日
価格 105,000※1

Babyface Pro FSは、2011年からスタートしたRMEの人気オーディオインターフェイス「Babyface」シリーズの最新モデル。精度が1000兆分の1秒(フェムト秒)単位に向上された次世代バージョンの「SteadyClock FS」を搭載、片手に収まるほどのモバイル仕様でありながら、プロクオリティを実現したUSBオーディオインターフェイスです。

2015年に登場した「Babyface Pro」は、コンパクトながら24bit/192kHz、最大12in/12out、高い音質を実現し、その年のベストセラーを獲得。国内外で多くのアワードを受賞し、音楽制作や放送など様々な分野でリファレンス機として使用されています。

「Babyface Pro」の後継機種となった本機は、新たに
・高性能クロック・ジェネレーターの先を行く精密さを備えた次世代バージョンの「SteadyClock FS」
・TRSとミニジャック端子の2つのヘッドフォン出力
・リファレンス・クラス AD/DAコンバーター「ADI-2 Pro FS」と同じオペアンプ
を搭載。出力インピーダンスは 2→0.1Ω に減少、AD/DAコンバーターのSN比が向上するなど、機能の向上が施されています。

入力1〜2にはファンタム電源対応のプリアンプ2基搭載。入力3〜4はハイ・インピーダンス対応でギターの直接録音も可能。付属のブレイクアウト・ケーブルを接続すればMIDI入出力も追加されます。オプティカル入出力を各1系統ずつ搭載、最大192kHzまでのS/PDIFもしくはADAT(SMUX対応)フォーマットで利用できます。

ヘッドフォン出力は2系統(TRS/ミニプラグ)用意され、複数人でのモニタリングにも対応。ヘッドフォン、インイヤー・モニターどちらにも最適なドライバー・ステージを備え、本来のベストなサウンドを引き出します。

クラス・コンプライアント対応につき、iPhone/iPadに接続して使うことも可能。コンピューターを使わずにスタンドアローンの状態でも使用可能です。

Babyface Pro FS:サイドパネル

Babyface Pro FS:サイドパネル2

Windows Windows XP SP2 以上
Mac OS X 10.6 以上
サンプリングレート 24bit/192kHz
入出力端子 12in/12out
仕様 電源:USBバスパワー
接続端子:
アナログ入力:4系統(XLRx2、TRSx2)
アナログ出力:4系統(XLRx2、PHONESx2)
MIDI IN
USB 2.0
寸法(WxHxD):108 x 35 x 181 mm
重量:680 g

製品レビュー

(この機材を評価してみましょう!)
読み込み中...

この製品のレビューを投稿する

オーディオインターフェイスをお探しですか?

TASCAM iXR

TASCAM iXR

iOSデバイスと直接接続できるオーディオインターフェイス
TASCAM SERIES 102i

TASCAM SERIES 102i

24bit/192kHz、デジタルオーディオ入力を装備したオーディオインターフェイス
M-Audio M-Track 8X4M

M-Audio M-Track 8X4M

あらゆるレコーディングセッションに対応する8in/4outのUSBオーディオインターフェイス
Steinberg UR22C

Steinberg UR22C

32bit/192kHzを実現した、Steinbergの人気OI「UR22mkII」の後継機種
  • ※1. 掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • 画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先の楽器店でご確認ください。
  • 当サイトを利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。