Apogee HypeMiC3つのコンプレッション設定ができ、様々な用途で使えるモバイルUSBコンデンサーマイク

Apogee HypeMiC
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する


USBコンデンサーマイク , コンデンサー・マイク

43,200※1

発売時期:2019年2月20日(水)

対応OS:Windows , Macintosh , iOS ,

接続端子:USB ,

サンプリングレート:24bit/96kHz

Windows:Windows 10以降

Mac:OS 10.9以降

iOS:iOS 9 以降

HypeMiCは、Mac/Windows/iOSで動作するUSBコンデンサーマイク。24bit/96kHzの録音再生に対応、マシンに接続するだけですぐに録音開始。アナログコンプレッサー・プリアンプ・AD/DAコンバーターを搭載し、あらゆるレコーディング環境に柔軟に対応することができます。

基本的な性能は2017年11月に登場した「Apogee MiC Plus」とほぼ同様。解像度 & サンプルレート、高品位カーディオイド・コンデンサー・マイクカプセル、ヘッドフォン出力にマイク入力・ソフトウェア再生バランスを調整できるBlend機能を搭載する点などは、両機種で共通。ゼロレイテンシー・モニタリング、ローノイズ、三脚/ポップフィルター/専用ケース付属、そして高い音質を実現しています。

「MiC Plus」に搭載されず、本機の最も大きな特徴となっているのがスタジオクオリティーのアナログ・コンプレッション(コンプレッサー)の搭載です。本機には異なる3段階のコンプレッション設定が用意され、フロントパネルのノブから選択することができます。
1段階(コンプが少なめの場合)はボーカルや楽器のサウンドを整えるのに最適なセッティング、2段階(コンプ中)はポッドキャスト/インタビュー/ライブ配信など声のダイナミクスを揃えるのに最適なセッティング、3段階(コンプ大)は中継放送などに使われる声のレコーディングに適したセッティングとなっています。

上記の通り、ボーカルや楽器のレコディングにはもちろん、ポッドキャスト/ナレーション/インタビュー/Youtube/ライブストリーミング/電話会議など、あらゆる現場で活躍します。

■接続方式:Lightning, USB (タイプA/C)
■付属:Lightning iOS ケーブル、USB (タイプA)、USB (タイプC)、専用ケース、テーブルトップ三脚スタンド、ポップ・フィルター、マイクスタンド・アダプター、説明書
■寸法:L124 x W38 x H38 mm
■重量:0.20 kg

(この機材を評価してみましょう!)
読み込み中...

Apogee HypeMiC:使用例

商品レビュー

Apogee HypeMiCの最初のレビューを書き込んでみませんか?

この商品を...

Aアマゾンで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • Apogee HypeMiCについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Apogee HypeMiCの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Apogee HypeMiC」ページ上部へ