YAMAHA reface DX往年のDXサウンドから最新のFMサウンドまで搭載した「現代のDX」

YAMAHA reface DX
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


シンセサイザー

41,580※1

発売時期:2015年

reface DXは、1983年に登場したYAMAHAの歴史的名機シンセサイザー「DX-7」のクラシックなFM音源をベースに、最新のFMサウンドを収録した「現代のDX」と言うべきハードウェア・デジタルシンセサイザー。これまでのFM音源より音作りの幅が大きく広がったモデルとなっています。

reface DXは、電池駆動に対応/スピーカー内蔵(2W ×2)によって、自宅リビングやベッドルーム、リハーサルスタジオやライブハウス、屋外など、いつでもどこでも演奏可能なシンセサイザー。スタンドアローンで気軽に演奏を楽しめる一方、プロフェッショナルシンセサイザーと同等の出力回路を搭載し、レコーディングユース/ステージユースにも対応します。FM音源ならではの立ち上がりの鋭い金属的なサウンドは、80年代のミュージックシーンを彷彿とさせ、図太いサウンドが特徴のアナログシンセとはまた違ったユニークな音色です。

本体には37ミニ鍵盤、4本のタッチ式スライダー、ディスプレイ、レバー式ピッチベンドを搭載。コンパクトながら高級感のある仕上がりとなっています。鍵盤にはハイグレードかつコンパクトな「HQ Mini」鍵盤を採用、ミニサイズながら質の高い鍵盤によって高い演奏性を誇ります。オシレーターの代わりにオペレータを4つ搭載、各オペレーターがフィードバックを持っています。エフェクターは歪み/モジュレーション/空間系を2系統装備、クラシックなFM音源をエフェクティブに扱うことができます。

4バンク x 8音色:計32種類の音色を搭載、プリセットメモリー機能によって呼び出し/保存に対応。MIDIルーパー機能を搭載し、フレーズをループさせながら音色を変更し、音を重ねていくといったパフォーマンスも可能となっています。AUX IN端子から外部プレイヤーを繋いで音源を流し、音楽に合わせてセッションするといったことも可能となっています。

専用iOSアプリ「reface capture」を使えば、refaceシリーズで作成した音色の保存、共有することができます。

■最大同時発音数:8
■ボイス数:32
■エフェクト:ディスト―ション、 タッチワウ、 コーラス、 フランジャー、 フェ―ザ―、 ディレイ、 リバーブ
■接続端子:DC IN、PHONES(ステレオ標準)、OUTPUT(L/MONO、R)、SUSTAIN、AUX IN(ステレオミニ)、USB、MIDI IN/OUT、
■消費電力:6W
■電源:アダプター、単3乾電池 ×6本
■寸法:530(W)×175(D)×60(H)mm
■重量:1.9kg

(この機材を評価してみましょう!)
読み込み中...

商品レビュー

YAMAHA reface DXの最初のレビューを書き込んでみませんか?

この商品を...

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

この商品のレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • YAMAHA reface DXについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • YAMAHA reface DXの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「YAMAHA reface DX」ページ上部へ