KORG monologue

KORG monologue
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


アナログシンセ

29,700※1

発売時期:2016年12月

monologueは、ステップ・シーケンサーやオシロスコープといった機能を搭載した4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー「minilogue」と同じデザイン/操作性、同じスピリットのもとに作られた、25鍵モノフォニック・アナログ・シンセサイザー。minilogueの機能を継承しながらもフィルター/モジュレーション/ドライブ/LFOなどの回路は専用に設計。1ボイスだからこその力強いベースやリードサウンドと16ステップ・シーケンサーによる直感的かつ複雑なエディットが魅力の一台です。

(この機材を評価してみましょう!)
Loading...

KORG monologue

37鍵のKORG minilogueに比べると横幅を取らないサイズですが、ボディやリアパネルの材質/コントロール系統/波形を視覚的に表示するオシロスコープ機能などは、minilogueとほとんど変わらない設計となっています。

KORG minilogueとの違い

minilogueを踏まえて、monologueの魅力を箇条書きにしてみると

  • フル・プログラマブルで、100種類のプログラムをメモリー可能(ファクトリー・プリセット80種類)
  • モーション・シーケンス対応の16ステップ・シーケンサー
  • 歪みを加えるドライブ回路を新搭載
  • MIDI入出力/USB端子/SYNC入出力端子の装備
  • 電池駆動に対応

といったところでしょうか。
アナログなのにプリセットが使え、好みのサウンドは100種類まで保存しておくことができるのは嬉しい機能です。プリセットはAphex Twinを始めとする世界中のクリエイターによって作成されているということですから、折り紙付きのサウンドです。そのサウンドは2ポール・フィルター/ドライブ回路の搭載によってminilogueに比べてもより攻撃的で凶悪なサウンドに。そしてそのソリッドなサウンドを細かくエディットができるシーケンサーは、オーバー・ダブ/リアルタイムREC/ノブの動きを4つまで記憶する「モーション・シーケンス」に対応、サウンドに時間的な変化を与えることができるなど、シンプルに見えて複雑なパターン作成が可能となっているのは本機の大きな魅力です。

豊富な接続端子による外部ハードウェア機器との連携(他KORG製品とは積極的な連携が可能です)、アナログながら電池駆動に対応、そしてminilogueよりもさらにリーズナブルな3万を切る価格帯というのも、同程度の他社製アナログシンセに比べても大きなアドバンテージでしょう。

その他monologueの仕様

■音源回路:2VCO、1VCF、1EG、1VCA、1LFO
■接続端子:ヘッドホン(ステレオ)、OUTPUT(モノラル)、AUDIO IN(モノラル)、SYNC IN/OUT(3.5mmミニ)、MIDI IN/OUT、USB(Bタイプ)
■電源:単3電池6本、アダプター
■寸法(WxDxH):350 x 276 × 76 mm
■重量:1.7kg
■カラー:シルバー、ブラック、レッド、ダーク・ブルー、ゴールド

KORG monologue:全カラー

「KORG monologue」に関連するレビュー・コメント

KORG monologueの最初のレビューを書き込んでみませんか?

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

KORG monologueのレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • KORG monologueについて掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • KORG monologueの画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「KORG monologue」ページ上部へ