Moog Subsequent 37

Moog Subsequent 37
amazonで購入する
石橋楽器で購入する
Yahoo!ショッピングで購入する
楽天市場で購入する
サウンドハウスで購入する


アナログシンセ

172,800※1

発売時期:2018年7月

Subsequent 37は、Sub Phattyの音源システムを内蔵したアナログシンセサイザー「Sub 37」をもとに、音や機能面でさらに進化を遂げたパラフォニック・アナログ・シンセサイザー。40個のツマミと74個のスイッチを搭載し、さまざまなアナログサウンドやシーケンスの構築が行えます。

本機では「Sub 37」のすべてのコントロールと機能を搭載し、鍵盤はさらに弾きやすくなった37鍵セミ・ウェイテッドを採用、ハイエンドなヘッドフォンを駆動するのに適した高性能ヘッドフォン・アンプ、2系統のモジュレーション・バス、2つのDAHDSR ループエンベロープ、超強力なアルペジエイター/シーケンサーを装備するなどしています。

ミキサー・セクションは「Sub 37」に比べて2倍のヘッドルームを備え、モノラル/デュオ・モード両方で新しい範囲のクラシック・クリーン・トーンにアクセス。ミキサーはさらに柔軟性を増し、MOOGの大きな特徴であるラダー・フィルターのゲイン・ステージングは、ハーモニック・サチュレーションとアナログ・コンプレッションを向上させるように再構成され、豊かなローエンドが得られます。
独特な歪みサウンドをもたらす「マルチドライブ回路」も再調節され、サウンド・エンジンが増強されています。

プリセット音色は256種類。Windows/Mac用ソフトウェア・エディターが付属します。

■同時発音数:1(モノフォニック)/2(パラフォニック)
■コントロール:ピッチ・ベンド、モジュレーション・ホイール、アフタータッチ、ベロシティ
アルペジエイター/シーケンサー:パターン:アップ、ダウン、ランダム、ラッチ機能、バック/フォース機能、インバート機能、レンジ:上下2オクターブ、MIDIシンク機能、シーケンサー:64ノート、タイ、レスト
■音源:バリアブル・ウェイブシェイプ・オシレーターx2、サブ・オシレーター(矩形波)x1、アナログ方式ノイズ・ジェネレーターx1、外部音声入力/フィルター・フィードバックx1
■外部オーディオ入力:1/4 "TS
■オーディオ出力:1/4 "TS、1/4" TRSヘッドフォン
■プリセット:256音色 - 16バンク×16プリセット
■MIDI I / O:DIN In / Out、およびMIDI over USB
■CV /GATE入力:フィルターCV、ピッチCV、ボリュームCV、キーボード・ゲート
■電源:110VAC-240VAC(ユニバーサル電源)、コネクター:IEC
■寸法:約680(W) x 375(D) x 172(H)
■重量:約9.98kg

(この機材を評価してみましょう!)
Loading...

Moog Subsequent 37:外観

「Moog Subsequent 37」に関連するレビュー・コメント

Moog Subsequent 37の最初のレビューを書き込んでみませんか?

Moog Subsequent 37 を...

Aアマゾンで探す Sサウンドハウスで探す R楽天で探す YYahoo!で探す 石橋楽器で探す

Moog Subsequent 37のレビューを書く

コメントを残す

iPhone/iPadに入れておきたい!DAW/シーケンサーアプリ24選

  • Moog Subsequent 37について掲載されている情報は常に正しい情報(価格・スペック等)を掲載できるよう心掛けておりますが、まれに誤った情報を掲載する可能性がございます。
  • Moog Subsequent 37の画像について、正誤に関しては保証いたしかねます。ご購入前に必ずメーカーサイトや購入先のショップでご確認ください。
  • 「Supernice!DTM」を利用して生じた損失・損害等、いかなる不利益も保証いたしかねます。あらかじめご了承ください。利用規約
  • 価格等の間違いにお気づきの場合は、お手数ですがお問い合わせページからご連絡下さい。

「Moog Subsequent 37」ページ上部へ